日吉大社

日吉大社(西本宮編)〜総本山はやっぱスケールが違う

JR大津駅から一駅京都側の山科で湖西線に乗り換え、比叡山坂本駅で下車。
ここから日吉大社まで歩いて行けなくはない距離だけど、上り坂だし、体力温存。
30分ほど待ってバスで向かいました。

最寄りのバス停から少し登ると、赤い鳥居が見えてきます。

この鳥居が総合エントランスって感じ?

全国約3800社、日吉・日枝・山王神社の総本山

日吉大社に興味を持ったのは、少し前に仕事で山王神社の歴史について書いた時。
「おお、山王神社と日吉神社って系列だったのね〜、よくテレビでも出てくる東京の日枝神社も?なになに、総本山は滋賀にあるのか。一回は行ってみたいな〜」

数年前、地元の日吉神社で身内が結婚式を挙げたのですが、まったく知りませんでした。地元はすごいこじんまりした神社だったし。

昔は日吉と書いて「ひえ」と読んでいたそうで、「比叡山」を神とする山王信仰の流れなんだそうです。祭神は大国主神。お猿さんが神さまの遣い、というのは山王神社の時に知ったのですが、ここには実際にリアルお猿さんがいました!(でも、写真がなかった)

まさか、こんなにすぐに(といっても山王から一年後)、総本山に行く機会があるとは!

日吉大社西本宮楼門

西本宮の楼門。重文

さすが、3800社の総本山ともなると豪華です。

朱塗りの骨組みって、テンション上がるわ〜

 

せっかく前日に御朱印帳買ったので、ここでも御朱印をいただきました。

日吉大社御朱印

こんな字、書けるようになりたい。

月曜日の午前中ということもあり、人も少なく静か〜。
写真もたくさん撮れました。

西本宮本殿。国宝。重文

 

宇佐宮の拝殿(たぶん)

 

で、こっちが白山宮の拝殿と本殿(たぶん)

昔の人の建築デザイン力・技術力にいつもながら感動しながら、駆け足で見て回り間した。

<つづく>